2019年7月の楽ラップ

スタート時点の資産状況という記事では、ラップ口座に31万円ほど投資しているという概要を紹介していました。

私が利用しているのは楽天証券の楽ラップというサービスです。楽ラップを利用し始めたのは2017年の1月で、その後どのように資産が推移していったかを紹介できればと思います。

2017年1月に10万円でスタート

楽ラップを利用開始するときにアンケート?のようなものを受け、その結果「やや保守型-TVTなし」をおすすめされました。ラップ口座ってどんなもんだろう、という軽い気持ちで、おすすめされるがままにとりあえず10万円を楽ラップに投資し始めました。

10万円を投資した語、評価額はゆるやかに右肩上がりとなり、2017年7月には102,828円となっていました。

その後、わずかながら評価額を増えている様子を確認し、2017年8月には20万円追加で購入し、合計30万円を投資した状態になりました。2018年年末ごろに評価額が30万円を割ったことはあったものの、その後盛り返して2019年7月時点では316,043円という評価額になっています。

2017年年末ごろにもほぼ同じくらいの評価額に一度到達しているので、その時から比べるとほぼ横ばいといった結果です。楽ラップはすごく期待をしているというよりも、いったいロボアドバイザーに従ったらどのくらいの成績がでるんだろう、という興味本位の部分が強いので、今後も増額するでもなく解約するでもなく、この30万円の状態でしばらく推移を見守ってみようかなと思っています。

私の楽ラップのコースが外国債券多めのコースなので、他のコースだとまた結果は違っていたかと思うのですが、この数字が皆様の参考になれば幸いです。

2019年7月~9月の四半期の運用結果はこちら

タイトルとURLをコピーしました