楽ラップの四半期運用報告書

2019年7月~9月の楽ラップの運用報告書が交付されました。

四半期での評価額の変化

全四半期末(2019/06/30)と今四半期末(2019/09/30)での資産の推移は次のような形です。

ファンド分類前四半期末 評価額今四半期末 評価額
国内株式41,31641,354
外国株式72,96773,806
国内債券39,12634,708
外国債券120,062135,959
リート31,07423,561
現金等9,1549,145
合計313,699円318,533円

国内債券とリートの組入比率が減少し、その分外国債券の組み入れ比率が増加しています。

私の場合手数料は四半期で500円程度

参考までに、私の場合は、今四半期にかかった手数料は553円でした。内訳は投資顧問料と運用管理手数料ですが、両方とも固定報酬です。

大体5,000円程度評価額が増えていますが、その1割程度の金額が持っていかれてるイメージですね。

タイトルとURLをコピーしました